2019年2月18日発売の週刊少年ジャンプ12号の最新話!

呪術廻戦 第47話のあらすじと感想をまとめました。

47話は、呪術廻戦 第6巻に収録されると思います。

真紀と伏黒は息の合ったコンビネーションで花御を追い詰めていきます。

しかしさすがの特級呪霊花御です。

 

なかなか決定打が打てない二人。

ここからはネタバレになりますので、ご注意ください。

呪術廻戦 前回までのあらすじ

呪術廻戦 第46話のネタバレと感想!最新話では伏黒たちを助けに真紀が登場!

花御と対峙した伏黒、狗巻、加茂の三人。

外部と連絡も取れないなかでなんとか三人で連携して持ちこたえます。

しかし圧倒的な花御の力に狗巻、続き加茂が戦闘不能になります。

一人残された伏黒の前に真紀が現れ、花御に攻撃を仕掛けるのでした。

呪術廻戦 第47話のネタバレ!花御の容赦ない攻撃で追い詰められる伏黒

呪具の使い手として右に出るものはいない真紀。

真紀は他にも特急呪具を隠し持っていました。

次々と呪具を繰り出し攻撃を仕掛けてくる真紀に、さすがの花御も防戦一方になります。

 

呪具がレベルの高いものであると花御も感じ取ります。

現在10種の式神を操る伏黒ですが、彼の式神たちは敵に完全に殲滅されれば二度とその姿を表すことはできません。

けれどもその失われた式神の術式と力は、他の式神に受け継がせることが可能です。

 

伏黒は影絵を作り、かつて失われた玉犬白の能力を受け継いだ「渾」を呼び出します。

伏黒は森の中で姿を隠し渾を操ります。

渾の素早い攻撃にたじろぐ花御。

おそらく傷を負った手を狙っていることを察知します。

 

真紀が渾に対応する花御を狙い、剣の呪具で攻撃を仕掛けます。

そこへ横から隙をついた伏黒が飛び出し、三節棍の呪具で花御を殴打。

二人はお互いの呪具を投げ合い交換し、花御へ息のあった連携プレーの攻撃を仕掛けます。

同時攻撃で花御の心臓を狙いました。

 

さすがの花御にダメージを与えたと一瞬の隙を出した二人は、呪具の軽口を叩きます。

しかし、その瞬間伏黒の腹部に花御の一部と思われる枝葉が寄生するように張り付きます。

吐血する伏黒。

伏黒のピンチに油断した真紀の腕に花御の鋭い枝が突き刺さります。

 

花御への攻撃が失敗し責任を感じる伏黒。

花御は二人の連携や技、計画を褒めます。

そして心配し合う伏黒と真紀の様子に感銘を受けたようでした。

 

花御に飛びかかる渾。

しかし渾の姿は花御に振り払われるようにして姿を消しました。

真紀には伏黒が術式を解いたのか、花御に消されて消滅したのか判断することができません。

 

伏黒は真紀の後ろで腹を押さえ黙ってうずくまっています。

なんとか立ちあがった伏黒に花御は呪力を使わないよう忠告します。

花御が伏黒の腹に打ち込んだのは呪力を栄養とする芽でした。

 

伏黒が呪力を使うほど成長していき、その体の奥まで根を張っていくのです。

伏黒は花見に殺す気だろうと言い返すと、花御は仕組みがわかったほうが進行が早いと答えるのでした。

 

一方真紀は三節棍で花御に再び攻撃を仕掛けます。

怪我を感じさせない動きに花御は感服しますが、それでも真紀の敏捷性が徐々に失われていると感じていました。

 

真紀が花御の枝で拘束され、伏黒は自責の念にかられていました。

無理をしようとする伏黒に真紀が不敵に微笑み、自分たちの役割は終わったというのです。

選手交代を告げる真紀に、はっとする花御。

 

誰かが花御に攻撃を仕掛けてきます。

それは阿吽の呼吸を感じさせる虎杖と東堂でした。

スポンサーリンク

ジャンプコミックの最新刊をすぐに無料で読む方法

ネタバレはいかがでしたか?!

内容はなんとなく掴めても、やっぱり絵とセリフがあって最新話を読んだ方が断然面白さが変わってきますよね。

 

実はU-NEXTを使えば、ジャンプコミックの最新刊の電子書籍を今すぐ無料で読むことができるのです。

ジャンプコミック最新刊を絵付きで読みたいと思ったらぜひ試してみてください!

 

31日間の無料お試し期間があり、登録直後に600ポイントもらえます。

このポイントは、電子書籍でも映画やアニメの動画でも利用できますよ。

さらにお試し期間中でも、90,000本以上の映画やアニメ・アダルト作品(見放題対象)や70誌以上の雑誌が見放題&読み放題なのです☆

▼31日間無料体験&600Pを使ってコミック最新刊を今すぐ読む!▼

お試し期間内なら解約しても違約金もなく、解約自体も非常に簡単ですので安心して試すことができますよ!

呪術廻戦 第47話の感想

能力や人間性に安心感のある伏黒と真紀の連携プレーでした。

伏黒は真紀とは縁戚でもあるので、息のあった感じはそれもあるのでしょうか。

一人で平気そうな二人が手を組んでかなり花御を追い詰めた雰囲気もありましたがやはり花御は特級でした。

 

自然の守人という特性が存分に生かされている花御。

最初によく出てきた木の塊の攻撃は重くて痛そうでしたし、枝が刺さるのも鋭くてかなりしんどそう、そしてここへきて芽の寄生。

見ているだけで具合が悪くなりそうですし、花御の説明もさらに調子が悪くなります。

 

容赦がない自然の厳しさという感じでした。

伏黒は大丈夫なのでしょうか。

単なる怪我よりきつそうな印象です。

 

すでにまあまあ育っていましたが、切除は可能なのでしょうか。

体に根を張っていく、というと難しそうに思えますし、何より切除も痛そうですよね。

伏黒は今回の怪我もしんどそうですが、ややメンタルが心配な箇所が多数見受けられました。

 

伏黒は真紀と一緒の間、舎弟のような後輩のような弟のような適切な距離で共闘していました。

にもかかわらず、精神面は一人で背負い込むタイプのようです。

 

同級生たちの中ではやや抜きん出ているところや、自分の価値観に納得はいっているようなのに虎杖のフラットな価値観に対してコンプレックスがあるみたいですね。

彼の中の落とし所が見つかるといいなと思います。

 

その点真紀は精神面でもトップクラスでまさに先輩の具現化です。

登場すれば安心感を与え、できることをやりきり、後輩を心配します。

 

そして自分が捕まっているにもかかわらず、虎杖と東堂がきたことを察知しています。

戦いだけでなく周囲の目配りもかなりのものです。

 

東堂と虎杖ですが、二人は美味しいところを持っていく感じがすごくありますね。

何より持っていそうですよね。

 

東堂は京都勢の中ではちょっと毛色が違うようにも思うので、力もありますが運というか何事にも勝負強さを持っているタイプなのかもしれません。

まじめ一辺倒というわけでもなく、自分の信念はありそうですが、やや力任せっぽいところを感じます。

 

それでもみんなから安心や一目置かれているところを見ると、力だけでない経歴を重ねてきたことを感じさせます。

見るからに強そう、という花御と、即席親友チームの虎杖と東堂がどんな戦いをするのか楽しみです。

次回の呪術廻戦第48話は、週刊少年ジャンプ13号(2/25発売)に掲載です。

スポンサーリンク

漫画最新話やコミックが無料で安全に読める?!

ネタバレ記事で大体の内容は分かっても、やっぱり絵が欲しいよ。

そう、やっぱり漫画はストーリーに作家先生の画があってこそ面白いのですよね。

 

しかし漫画をたくさん読むと、お金をかかって大変。

試し読みを公開している電子書籍サイトも多くありますが、制限があってツライ。

 

だからといって、違法ダウンロードなんかしたら、デバイスにウイルスを感染したり、もしかしたら乗っ取られてしまう危険もあるので絶対に止めましょう!

なんとかお金をかけずに安全に漫画を読めないの?!

という人には『U-NEXTの電子書籍サービス』がおススメ!

 

U-NEXTに新規登録をすると、

  • 31日間、無料でお試しできる
  • 登録後すぐに600Pが貰え、好きな漫画が読めたり動画が見れる
  • お試し期間中の違約金はない
  • Webで解約可能

 

無料お試し期間中にこの600ポイントを使ってコミックを購入することが出来るのです!

もちろん31日以内に解約すれば、一切基本料金はかかりません。

 

さらにU-NEXTといえば、圧倒的な本数の動画も配信しています。

登録中だったら、無料で見放題作品が視聴できます!

そして雑誌約70誌が読み放題☆

 

漫画だけでなく、アニメも映画もドラマも多くの動画が楽しめる「U-NEXT」!

この機会にチェックしてみてはいかがですか?

本ページの情報は2019年5月時点のものです。 最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。