週刊少年マガジン2019年11号 (2019/2/13発売)の『ランウェイで笑って』最新82話のネタバレ含む感想です。

82話は、ランウェイで笑って10巻に収録される予定です。

綾野遠が残していった仕事を引き継いで作業する育人の前に、独立したはずの本人がアプロに現れます。

残していった服を完成させてから辞めようとする遠に、「任せられない」と食ってかかる育人。

二人の同デザインでの修正勝負という、戦いの火蓋が切られたのです。

スポンサーリンク

ランウェイで笑って 前回までのあらすじ

ランウェイで笑って第81話のネタバレ「ジャンケン」 新しい動きへ

育人が社員へと昇格して一ヵ月後。

インターンで先輩だった花丘が昇格し、同じラインへとやってきます。

 

独立しアプロを去った綾野遠の代わりとして、花丘と育人のどちらかが柳田率いる第3ラインへ移動することに。しかもジャンケンで!

その勝敗は、未来への道をも左右する天下分け目のジャンケンとなるのでしょうか?

ランウェイで笑って 82着目「引けない」のネタバレ

カルロスからの指名を受けて、遠が残していった三着は育人が引き継ぐこととなりました。

それはカルロスからの力試しで、その部署では誰もが通る道。

 

今回、各服に一つずつ課題が提示されています。

・品質は下げずに原価を安く
・腕周りの動かしにくさを改善
・ふわふわ

 

それを一つ一つ修正しては提案していく育人ですが、柳田からは「ダメだ」の三文字と厳しい怒りの表情が降り注ぐばかり。

 

三連敗を迎えた頃、カルロスから手助けの言葉がかかりますが、それを断る育人。

柳田の意図を察し、自らも何かを変えようとする育人は、次の修正を施すため針を持つのです。

 

そこへ、独立したはずの綾野遠が現れ、「途中で放り出すのもなんだし」と、担当した三着を完成させてからの辞職を告げます。

育人の作りかけを見ただけで修正点を理解する遠に、敗北か、尊敬か、育人は何を思ったのでしょうか。

 

「あとはボクが」という遠に、「これはアプロのパタンナーの仕事、社員ではない人には任せられない」と、強い表情とはっきりとした口調で拒否の言葉を向け、引かない育人。

呆気にとられる遠、彼を崇拝しているかのような同僚から育人に対して冷ややかな苦情が発せられます。

 

場の雰囲気が悪くなったのを見かねて、カルロスが仲裁に入りました。

二週間後まではまだアプロの社員である遠と、意外と男の子だった育人の二人に「ジャンケンで決めなさい」と。

 

またジャンケン!!と思いきや、のみこみの早い育人はジャンケンの準備を始めます。

その様子を見て、笑いをこらえるかのように肩を震わせる遠は、今回は育人に譲ることを伝えます。

 

ですが、自分は自分で作ったものを一応送る、でも使うのは育人の方でいいと。

それは育人が彼よりもいいものを仕上げなくてはならないという、宣戦布告のようでした。

 

帰宅後もデザインのことで頭がいっぱいの育人。

いつの間にか同じようなデザインばかりになってしまっていて、行き詰っているような焦りも見え隠れします。

 

末っ子いちかをお風呂に入れようとした際、洗濯してしまったバスタオルの代わりにと渡されたそれは、下の階の方からいただいた引っ越しの挨拶のタオル。

ふかふかなタオル…これは…と育人は閃きます。

 

それは無撚糸タオル。

特殊な糸で編まれた、よりふかふかなタオル。

 

大量のそれを手にアプロへやってきた育人は迷わずパタンナー室のドアを開け、作業を始めます。

そこには、焦りの表情が消え、晴れ晴れと自信に満ち、一着の服と対峙する育人がいました。

スポンサーリンク

週刊少年マガジンの最新話やマガジンコミックをすぐに無料で読む方法

ネタバレはいかがでしたか?!

内容はなんとなく掴めても、やっぱり絵とセリフがあって最新話を読んだ方が断然面白さが変わってきますよね。

 

実はU-NEXTを使えば、いますぐ無料で週刊少年マガジンの最新号を電子書籍で読むことができるのです。

さらにお試し期間中でも、90,000本以上の映画やアニメ・アダルト作品(見放題対象)や70誌以上の雑誌が見放題&読み放題なのです☆

最新話やコミック最新刊を絵付きで読みたいと思ったらぜひ試してみてください!

▼31日間無料体験&600Pを使って最新号を今すぐ読む!▼

31日間の無料お試し期間があり、登録直後に600ポイントもらえます。

このポイントは、電子書籍でも映画やアニメの動画でも利用できますよ。

 

またお試し期間内なら解約しても違約金もなく、解約自体も非常に簡単ですので安心して試すことができますよ!

ランウェイで笑って 82着目の感想

センターカラーの扉がチョコミン党を刺激するカラーリングで、とても綺麗で可愛かったです。

 

遠が残していった服の修正を引き継いだのですから、当然そのことがずっと育人の頭の中にあり、プレッシャーになっているように思え、あまり気にしないで育人らしく…と応援したくなります。

 

育人の遠に対しての強い発言に対して、カルロスから「好き」というセリフがサラっと出てきて、数話前の柳田さんの心配を思い出しました。カルロスにとっては口癖のようなものだと思いますがw

 

育人の仕事を渡さない態度に遠は「意外だ」と言っていました。

『意外』なことが好きな彼は、今回の育人の行動や発言を好ましく思ったのでは?と思いました。

 

思い通りにならないからこそ楽しい、もし遠が育人に対してそう思ったのであれば、また一つ彼のなか

でのライバルとして株が上がったのではないかと。

だからこそのカルロス曰くの性悪発言、そしてあの勝気な表情だったのではないでしょうか。

 

今までも育人を助けたのは家族の何気ない一言だったり、与えたものだっりしてきましたが、今回も…で、最後の彼の表情が晴れ晴れしていたのが印象的でした。

ランウェイで笑って第83話は、週刊少年マガジン12号(2月20日発売)に掲載予定です!

スポンサーリンク