2019年2月9日発売の週刊少年ジャンプ11号【僕のヒーローアカデミア】の最新話!

ヒロアカ216話を読んだのでネタバレと感想をまとめました。

216話は、僕のヒーローアカデミア第23巻に収録されると思います。

ついに決着したA組B組合同訓練第5セット!

今回は試合の講評をメインに描かれました!

続きはネタバレになります、ご注意ください!

僕のヒーローアカデミア 前回までのあらすじ

僕のヒーローアカデミア第215話のネタバレと感想!第5セットついに決着!

デクの個性「ワン・フォー・オール」の暴走が治まり再開したA組B組合同訓練の第5セット目はA組B組両チーム全員が集まっての大乱戦となりました。

物間や心操らB組も奮闘しましたが、お茶子が柳、小大、物間を、デクが心操を、芦戸が庄田をダウンさせ乱戦を制したのはA組でした。

僕のヒーローアカデミア第216話のネタバレ! 決着!A組 VS B組!

心操の捕縛布を絡め寄せて接近し、心操を捕らえたデク。

「ちくしょう…どいつもこいつも…留まることなく動きやがる。ちくしょう。凄いなァ、ヒーロー科」

そう言って心操は悔しがります。

 

峰田のモギモギボールにくっついて動けない小大以外の4人を牢に入れ、第5セットは4-0でA組の勝利となりました。

これで5セットすべてが終了し、最終結果は3勝1敗1分でA組の勝利です。

 

この結果に悔しがるB組の塩崎、小森、吹出。

試合が終わり牢から出た心操はイレイザーヘッドに、一人では何もできなかった、まだ力不足だと言います。

 

インカムなしで試しやすい形式だったこと、自分だけ2回参加だったことや時期から今回の訓練は編入試験を兼ねていたと考えている心操。

イレイザーヘッドはまだ講評があるから戻るように言います。

 

全員が集まり、講評の時間。

イレイザーヘッドは、デクの暴走について指摘します。

 

新技にしてこれまでの超パワーから逸脱しているとざわつく面々。

デクは、自分にも分からないと答えます。

 

今まで信じていたものが突然牙を剥いたようで怖かったが、お茶子と心操が止めてくれたことでそうじゃないと気付けたとデクは言い、二人に感謝を伝えます。

 

体を張ってデクを止めたお茶子を称賛するミッドナイト。

デクにすぐに飛びついて抱きついたことをからかう芦戸にお茶子は顔を赤くします。

 

何も出来ず後悔するよりはよかったと言うお茶子に成長したと言うイレイザーヘッド。

心操は、柳らB組のメンバーが黒鞭に襲われているのが見えて、あれが収まらなければB組の負けが濃厚だったから止めただけで、緑谷を助けたのは偶々だと言います。

 

これを聞いたイレイザーヘッドは捕縛布で心操の首を絞めました。

「誰もお前にそこまで求めていないよ。

 

ここにいるみんな、誰かを救えるヒーローになるための訓練を日々積んでるんだ。

いきなりそこまで到達したらそれこそオールマイト級の天才だ。

 

人のために、その思いばかり先行しても人は救えない。

自分一人でどうにかする力がなければ他人なんて守れない。

その点でいえばお前は充分及第点だった。」

イレイザーヘッドは心操にそう伝えました。

 

試合の最後、乱戦に誘って自分の得意な戦いに戻そうとしていたことや、移動時、パイプ落下の捕縛布の使い方を称賛するデク。

 

心操の状況判断や動きはヒーロー科と遜色ないとデクは言います。

心操は二年からヒーロー科に入ってくると言うブラドキングに、はしゃぐ一同。

デクの個性がスカだとわかっていればそれに応じた策を練れる、もう一回やれば勝負は分からないと物間は言います。

 

物間が庄田の「ツインインパクト」を発動したことを思い出し、ワン・フォー・オールをコピーした物間の四肢が爆散することを心配していたデクはスカとは何なのか疑問に思います。

イレイザーヘッドは、物間に明日エリちゃんのところに来るよう言いました。

スポンサーリンク

僕のヒーローアカデミア第216話の感想

今回の216話では、第5セットの講評が描かれました。

結果だけ見ればA組のほうが優秀に見えますが、内容はどの試合も白熱していて最高に熱いものばかりでしたね。

 

たかが授業でもここまで熱くなれるのはヒロアカの魅力の一つですね。

体育祭や最初の戦闘訓練を思い出します。

 

デクの個性の暴走については皆疑問に思っているようですが、それ以上深くは聞いてこない感じですね。

 

でも今後も今回のように暴走する危険があるなら止められるイレイザーヘッドには秘密を話しておいたほうが良いような気がしますね…

そのほうがすぐに対応できるでしょうし。

 

そして今回は心操とイレイザーヘッドの会話も多かったですね。

イレイザーヘッドの学生時代?のようなコマが出てきましたが、左の男はプレゼントマイクに見えますが、右の顔が影になっているほうは誰でしょう?

 

セリフからするとイレイザーヘッドが昔自分一人でどうにかする力がなくて救えなかった人物、とかでしょうか。

いつか描かれるのが楽しみです。

 

さらに二年からのヒーロー科編入がほぼ決まった心操。

A組B組どちらに入ることになるかわかりませんが、個人的には物間とのコンビが好きなのでB組に入ってほしいですね。

 

しかしそうすると片方のクラスが21人になるので、二年に上がる前に誰かヒーロー科からいなくなる気がします…

 

候補としては

・ ヒーロー科一年から内通者が見つかり抜ける
・ 誰かが敵との戦いで再起不能の重傷を負う、もしくは命を落とす
・ イレイザーヘッドによって誰か除籍される
・ 最終決戦で個性を失ったデクが抜ける

このあたりが考えられますね。

 

サーのオールマイトが死ぬという予知が今年か来年ということだったので、二年に上がる前に大きな戦いがあると思います。

 

そうなるとオールマイト以外の被害者やデクのワン・フォー・オールが消える、ほかの人に渡る、みたいな展開は充分ありうると思いますね。

でも二年三年やプロになったみんなの活躍が見たいのでそれが最終決戦にはならないことを祈ります…

 

今回の合同訓練で全員の個性が明かされたB組が今後どのような活躍どのような活躍をするのか楽しみですね。

僕のヒーローアカデミア第217話の予想

今回の最後のコマではイレイザーヘッドが物間に、エリちゃんのところに来るように言っていました。

これはまず間違いなく物間の「コピー」でエリちゃんの個性を使えるかどうか試すつもりでしょう。

 

現状分かっているエリちゃんの個性の情報は、

・人の状態を巻き戻す。物には作用しない。
・角がエネルギーとなっていて角が短い間は発動しない。
・状態だけでなく種としての流れ、進化を巻き戻せる。
・本人はこの個性を制御できない。

 

ここから考えると、物間がコピーをしたとして、エネルギー源である角が無ければ発動できません。

コピーした段階で一番短い状態なら5分間で伸ばすのは不可能でしょう。

 

さらにもし角までコピーできて、個性を発動できたとしても本人が扱えない個性を物間が正しく使えるのでしょうか?

 

これまで物間はコピーした個性の使い方がわからないことはありませんでした。

これはコピーした段階で自動的にわかるものなのか、それとも事前に自分で調べなければいけないのか、それによって大きく変わってくると思います。

 

そしてワン・フォー・オールをコピーした際に言っていた「スカ」という言葉。

ワン・フォー・オールを発動できなかったのは「力をストックし譲渡する個性」がコピーされただけで「ストックされた力」がコピーできていないためだと思っていましたが、この様子からすると以前にも同じようなことがあった感じでしょう。

 

コピーできる個性とそうでない個性があるならエリちゃんの個性はコピーできない方だと思いますね。

よって次回は物間がエリちゃんの個性をコピーしようとするも失敗する、という展開になると思います。

 

これができてしまったら、ミリオの個性を戻したりオールマイトの体を全盛期まで戻したり、やりたい放題ですからね。

 

でも、物間の個性のこういう使い方はすごくいいと思います。

エリちゃんではなくすでに捕らえた敵、例えば死穢八歳会の音本をコピーすればオール・フォー・ワンから情報を聞き出したり、オール・フォー・ワンの個性をコピーすればもしかしたらオール・フォー・ワンから個性を取り返せるかもしれないですしね。

 

僕のヒーローアカデミア第218話は、週刊少年ジャンプ12号(2月18日)に掲載されます。

次回、予想が当たっているかどうか、楽しみです。

スポンサーリンク

漫画最新話やコミックが無料で安全に読める?!

ネタバレ記事で大体の内容は分かっても、やっぱり絵が欲しいよ。

そう、やっぱり漫画はストーリーに作家先生の画があってこそ面白いのですよね。

 

しかし漫画をたくさん読むと、お金をかかって大変。

試し読みを公開している電子書籍サイトも多くありますが、制限があってツライ。

 

だからといって、違法ダウンロードなんかしたら、デバイスにウイルスを感染したり、もしかしたら乗っ取られてしまう危険もあるので絶対に止めましょう!

なんとかお金をかけずに安全に漫画を読めないの?!

という人には『U-NEXTの電子書籍サービス』がおススメ!

 

U-NEXTに新規登録をすると、

  • 31日間、無料でお試しできる
  • 登録後すぐに600Pが貰え、好きな漫画が読めたり動画が見れる
  • お試し期間中の違約金はない
  • Webで解約可能

 

無料お試し期間中にこの600ポイントを使ってコミックを購入することが出来るのです!

もちろん31日以内に解約すれば、一切基本料金はかかりません。

 

さらにU-NEXTといえば、圧倒的な本数の動画も配信しています。

登録中だったら、無料で見放題作品が視聴できます!

そして雑誌約70誌が読み放題☆

 

漫画だけでなく、アニメも映画もドラマも多くの動画が楽しめる「U-NEXT」!

この機会にチェックしてみてはいかがですか?

本ページの情報は2019年5月時点のものです。 最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。