2月9日に発売された週刊少年ジャンプの11号の最新話!ハイキュー!!337話『次』のネタバレ・感想をまとめました。

337話は、ハイキュー第38巻に収録されると思います。

梟谷学園と貉坂高校の試合が決着を迎えます!

激しいエース対決の末、勝つのは木兎率いる梟谷か、それとも桐生擁する貉坂か!?

 

そしていよいよ烏野の試合が始まろうとしています。

“小さな巨人”星海と日向、ついに激突です。

続きはネタバレになります。ご注意ください!

ハイキュー!!前回までのあらすじ

ハイキュー!!第336話のネタバレと感想!激しいラリーの応酬、試合も大詰め

激しい攻防を繰り広げてきた梟谷と貉坂の試合もいよいよ大詰め。

絶好調の木兎に引っ張られるように、敵も味方も躍動します。

全員が調子を上げている中、いつもと変わらない赤葦。

常に試合で100%を出している赤葦を認めつつ、しかし木兎は「俺には120%をちょうだい」と要求します。

赤葦、応えられるか…!?

スポンサーリンク

ハイキュー!!337話のネタバレ!

「この1点獲るか獲られるか。正念場」

音駒高校の黒尾が見守る中、木兎の強い要求に一瞬赤葦は思考が乱れます。

 

「ここはやはり前衛レフト」「ミスる可能性」「相手ブロックにはどう見えてる?」

様々な可能性が赤葦の頭を巡りますが―――。

 

「ちょっとやってみたい」

赤葦が選択したのは木兎へのバックトスでした。

 

木兎のアタックは貉坂のブロックをかいくぐりますが、その先には桐生が待ち構えていました。

桐生がボールを弾き、それはそのまま梟谷高校のコートへと返りますが、惜しくもアウト。

 

梟谷が貉坂を3点差へと突き放します。

負けじと貉坂も取り返しますが、梟谷も即座にやり返し24-21。

梟谷のマッチポイントです。

 

貉坂が22点目を獲り食い下がりますが、そこまで。

25-22で第3セットを獲った梟谷学園の勝利です。

 

試合後の挨拶、桐生は「高校最後の大会でお前と戦えて良かった」と木兎に話しかけます。

その手を強く握り返し、「この先セッター以外の奴にも“もっと良い球寄越せ”って言っていいと思う。無理を承知でも」と言葉をかける木兎。

 

「木兎光太郎。どこまでも前だけ見よん」

 

桐生の高校バレーはここで終わりましたが、まだ終わっていない木兎の方が更にその先を見据えているようでした。

 

コートの外、2年生セッターの臼利はエース桐生に涙ながらに思いを伝えます。

 

「八さんにトスを集めるちゅう事は、八さんに負担をかけるちゅう事で、試合によってはマークキツくても上げ続けて」

「それでん俺は、上げてえけん上げました…!!」

それに桐生も答えます。

 

「俺は期待されるんが怖かった。やけんど今日改めち分かった。トスが上がるけん、がんばれたんや」

強い奴らの非情さが心地よかったと。

 

「来年はみっちゃん先生を胴上げしちゃれっちゃ」

後輩にそんな言葉を送る桐生の顔は晴れやかな笑顔でした。

 

一方梟谷の赤葦は、「怖かった」と試合を振り返っていました。

「一個人が敗北の要因になる事は無くても、きっかけになってしまう可能性はあった」

そこへ木兎が乱入します。

 

今日のリバウンド良かった、でも最初は空回っていたなと励ましているのか落としているのか分からない木兎。

 

「…試合中に…余計な事を考えました…!」

「理由分かってんなら大丈夫じゃん。次対策できる」

「…はい…!!」

 

涙を零す赤葦といつも通りな木兎の様子を梟谷の面目が見守っています。

 

木兎の影響のされやすさに釘を刺すことも忘れない赤葦。

これには木兎も素直に頷くしかありません。

 

「最後のバックアタック気持ちよかったよなー!」

「うまくいって良かったです。でも試合中は練習でやってきたできる事を100%でやるべきです」

 

成功したことを認めつつ頑固な赤葦。

 

しかし、

「試合内容をフィードバックして練習で確実にしていく。いつもやってる事じゃん!」

なんと木兎が赤葦を論破。

 

「フィードバック。怖いが楽しいに変わるように」

それこそが赤葦たちがやってきたいつも通りのことです。

 

「明日こそ全部拾って全部決める!」

と無邪気に笑う木兎に赤葦が「全部は」と突っ込みかけますが、木兎が待っていましたとばかりに反論します。

 

「“ムリ”ではなく“ムズカシイ”である!!」

それに赤葦も笑って「そうですね」と答えました。

 

「どんどん行くぜ」

仲間がいなかった頃から変わらず、木兎はひたすら前を見て進み続けます。

 

そして場面はBコートへと移りました。

いよいよ烏野と鴎台の試合が始まろうとしています!

週刊少年ジャンプコミックの最新刊をすぐに無料で読む方法

ネタバレはいかがでしたか?!

内容はなんとなく掴めても、やっぱり絵とセリフがあって最新話を読んだ方が断然面白さが変わってきますよね。

 

実はU-NEXTを使えば、週刊少年ジャンプコミックの最新刊の電子書籍を今すぐ無料で読むことができるのです。

ジャンプコミック最新刊を絵付きで読みたいと思ったらぜひ試してみてください!

 

▼31日間無料体験&600Pを使ってコミック最新刊を今すぐ読む!▼

31日間の無料お試し期間があり、登録直後に600ポイントもらえます。

このポイントは、電子書籍でも映画やアニメの動画でも利用できますよ。

またお試し期間内なら解約しても違約金もなく、解約自体も非常に簡単ですので安心して試すことができますよ!

ハイキュー!!337話の感想

ついに梟谷と貉坂の試合が決着。

“悪球打ちの桐生”を撃破し、梟谷が準決勝へと駒を進めましたね。

 

いつも試合で100%を出していた赤葦に木兎が120%を要求!

どうなるか?といったところで前回は終わりましたが、見事赤葦応えてみせました!

桐生に拾われかけましたが、このポイントを獲ったことがそのまま梟谷の勢いに繋がったように見えました。

 

試合中は暗い顔を見せたこともあった桐生でしたが、最後は爽やかな笑顔。

この選手も将来有望。

 

高校バレーはこれで終わりましたが、またいつか木兎と対決する日は来るかもしれませんね。

その時は一層高い壁になって木兎の前に立ちはだかると思います。

 

一方の木兎は試合が終わっても絶好調でした。

まさか赤葦に論破する日が来るとは…。

 

周囲と上手くいっていなかった時も前に行く事を止めなかった木兎。

この芯のブレなさが木兎の強い所なのかもしれません。

 

今回の試合で赤葦も一皮むけたのかな?と思います。

思わぬ天然ボケぶりや穏やかな笑顔など、新しい赤葦の一面も見れたと思います。

 

烏野が勝ち進んだらいつかは梟谷と激突することになります。

普段から交流がある両校ですが、お互いがお互いの強敵となることは間違いないでしょう。

これからの展開次第ですが、期待したいですね!

 

さて、その烏野の準々決勝がついに始まろうとしています!

今年に入って初の烏野の面々にちょっとわくわくしました。

次回のハイキュー!!第338話は週刊少年ジャンプ12号(2月18日発売)に掲載です。

どんな試合になるのか、次が待ち遠しいです。

スポンサーリンク

漫画最新話やコミックが無料で安全に読める?!

ネタバレ記事で大体の内容は分かっても、やっぱり絵が欲しいよ。

そう、やっぱり漫画はストーリーに作家先生の画があってこそ面白いのですよね。

 

しかし漫画をたくさん読むと、お金をかかって大変。

試し読みを公開している電子書籍サイトも多くありますが、制限があってツライ。

 

だからといって、違法ダウンロードなんかしたら、デバイスにウイルスを感染したり、もしかしたら乗っ取られてしまう危険もあるので絶対に止めましょう!

なんとかお金をかけずに安全に漫画を読めないの?!

という人には『U-NEXTの電子書籍サービス』がおススメ!

 

U-NEXTに新規登録をすると、

  • 31日間、無料でお試しできる
  • 登録後すぐに600Pが貰え、好きな漫画が読めたり動画が見れる
  • お試し期間中の違約金はない
  • Webで解約可能

 

無料お試し期間中にこの600ポイントを使ってコミックを購入することが出来るのです!

もちろん31日以内に解約すれば、一切基本料金はかかりません。

 

さらにU-NEXTといえば、圧倒的な本数の動画も配信しています。

登録中だったら、無料で見放題作品が視聴できます!

そして雑誌約70誌が読み放題☆

 

漫画だけでなく、アニメも映画もドラマも多くの動画が楽しめる「U-NEXT」!

この機会にチェックしてみてはいかがですか?

本ページの情報は2019年2月時点のものです。 最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。